胡蝶蘭の育て方

胡蝶蘭というと、とても高いというイメージが強く、よく芸能人等の家庭に置かれていたり、新装開店されたお店のお祝いとして置かれている程、値段もぴんからきりまで様々で、1株数万もするものが多いのです。 高い値段であるのも当然のこと、そのスタイルはまさに高貴な感じで、見ているだけで、セレブな感じを味わえます。 高貴なイメージの胡蝶蘭ですが、その種類は多種多様で、育て方もきちんとあるので、それに従った上できちんと育てないといけません。 そもそも、胡蝶蘭という名前は、花を咲かせた状態がまるで、蝶のようだからということで、この名前が付いたのですが、種類も色も豊富なので、色んな色を組み合わせて飾ってみると、とても豪華です。

又、その花の形の優美さで、コサージュを作ったりする人もいますし、鑑賞用として買う人もいます。 花言葉は、幸せを呼ぶ、愛しているという意味で、開店祝い等、祝い事として贈ると大層喜ばれるのです。 勿論、それだけ豪華ということは、育て方においても、独特な方法があるのでしょうが、当サイトでは、胡蝶蘭の育て方を中心に、初めて胡蝶蘭を育てるという人向けの為になる情報を教えます。

「胡蝶蘭なんて、セレブな家庭で育てる植物で、一般家庭では無理」と諦めている人がいますが、そんなことは無く、寧ろ、一般家庭の方が、胡蝶蘭を育てるのには、とても適した環境なのです。 胡蝶蘭は高くて、今まで手が出なかったという人、初めて育てるので不安だという人、水やりの時期や害虫はどんなのがいるかと言ったことについて、これから学んでいきましょう。

初めての人でも育てられる?

胡蝶蘭というと、とても高価なイメージがあって、それだけでも敬遠しそうですが、それを自分が育てるとなっては、不安があります。 セレブな家庭で育てられているイメージが強い為、一般家庭では無理なのではないか?と思う人がいて・・・

水やりと害虫駆除

胡蝶蘭は、とても豪華な花の付き方をするので、何株かを植えることによって、とても豪華なイメージがありますが、確かにとても豪華です。 少しでもその花の状態を保つ為にも、普段から水やりについては、慎重に行わないといけませんが、大体・・・

置き場所と肥料のやり方について

季節によって置き場所を変えるというのも胡蝶蘭を長生きさせる上でとても大切な要素です。 一年のうちで5月から9月までは、外の風通しの良い反日蔭の場所に置き、10月からは室内の窓越しで、レースのカーテンごしから日が当たるようにするので・・・